読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーという選択(仮)

アラフォー、一児の母。夫の浮気と暴言に耐えきれず別居。今年、離婚が成立し、ブログ名の(仮)も不要に。3歳児と日々是戦い。

認証保育園を認可保育園にすることの是非。

認証保育園が認可になった

待機児童の解消に力をいれている我が自治体は、認可保育園を増やす施策を着実に進めていっています。子育て家庭にとって大変ありがたい施策です。が、その方法が、「認証保育園を認可保育園に切り替える」という手法がメインなのです。

認証保育園は、もともと設備や人員等で一定以上の基準を満たしているので、認可保育園にするための変更のハードルが低いのだと思います。待機児童の定義(自治体によりまちまちらしいです)が、「認可保育園に希望を出しているが入れなかった児童」という定義にになっている以上、行政としては「認可保育園」が増えればいいのですから認証保育園を認可にしよう。というのは自然な発想なのかもしれません。

子育て家庭にとって歓迎すべきことなのか?

子育て家庭には様々なニーズがあります。我が家の場合は、収入の問題もあるので、「子供が楽しく通える安全な園になるべく安く通いたい」というのが本音ですが、ある程度、余裕のあるおうちの場合、敢えて認証保育園に通わせたい。というニーズもあるようです。

知り合いで、「認可保育園は、生活に余裕のない人が多いのか、お迎えのお母さんや子供が雰囲気が悪くていや」と認証に通う人もいました。この発言自体には、おいおい...。と思わなくもありませんが、そういう人もいるでしょう。

また認可保育園は、公私の別もありますが、基本的には行政のカリキュラムに沿って運営されます。公営の保育園では、宗教に慮り、クリスマスのイベントすらできないのです。あ、ちなみにクリスマスという名前でなく、お楽しみ会として、普通にクリスマス会的なことはやられています(笑)

認証保育園では、独自のサービスが提供され、園によっては、英会話、リズム体操。希望者には追加金額で、お絵かき教室。保育の時間も、20時迄や21時迄などそれぞれの特徴があり、そこにひかれて認証保育園を選ぶケースも多いようです。

また認可保育園と違い、親が働いていることは必須条件ではありません。なので、親が休暇をとった場合でもどうどうと子供を預けることができます(認可は休みをとったら、子供を預けてはいけないのですよー。)

認証保育園の費用が高いといっても、公的な補助がでる行政区もあったり、公営も親の収入が高いと、認証と違わない保育料になることもあるので、このあたりはきちんと見学などをし、子供や親の教育方針にあった園を選ぶといいと思います。選んだからといって入れるとは限りませんが。

これまで通っていた人は?

そうやって選んだ保育園がある日突然、認可保育園になったら...。とまどいがありますよね。

一番気になったのが、既に入っていた人が追い出されるというケースはあるのか。ということ。認可保育園の選考は、多くは親の就業状況や家庭環境などによるポイント制で決められています。認証保育園には必ずしもポイントが高い人がいるわけではないので、もしポイント重視で入園を決めるとなると、既存の園に通えないというびっくりなケースがでてきてしまいます。

確認したところ、既存の園児に関しては追い出されることはなかったようです。ほっとしました。

こんな事件も

最近、日経新聞等でも報じられていましたが、むやみに認可保育園を増やしたことで、保育士が増え、質が確保できなくなり、日々の運営に影響が出ているケースもあるようです。

ある認証保育園は、認可になるタイミングで経営の会社が変わったそうです。運営方針がかわり、既存の保育士さんが全員やめてしまい、全く運営がまわらず掃除も行き届かない園で、市販のおもちゃで勝手に遊んで時間をつぶすだけの園になっているケースもあるとか。あまりのひどさに、認証からいた園児はほとんど転園してしまったという噂もあります。

行政に希望すること

認可保育園を増やしてもらえることは本当にありがたいことです。ただ、待機児童を減らすという目先の目的だけに囚われず、保育を希望するすべての家庭に、それぞれが望む形の支援を届けられる。それが当たり前になる。そんな日を目指してほしいな。と思います。

保育園義務教育化

保育園義務教育化

こんな世界がいつか日本にも来たら素敵です。