読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーという選択(仮)

アラフォー、一児の母。夫の浮気と暴言に耐えきれず別居。今年、離婚が成立し、ブログ名の(仮)も不要に。3歳児と日々是戦い。

UQmobileのサービスが充実してきたのでmineoから切り替えてみた。

2015年11月から、UQmobileのサービスが充実しました!
明らかに、唯一の競争相手であるmineoのよいところをマネしてきた感じです。

ココがよくなった

  • 通信量が足りなくなったらチャージできる
  • あまったパケットが翌月に繰り越せる(最大3G)
  • 現在の使用量がわかりやすくなった

私が昼の遅い通信に耐えつつも3ヶ月mineoを使った理由はまさに最初の2点だったので、これでUQmobileにしない理由はなくなりました。費用が、100円ほどあがりますが、まぁ、許容範囲。昼の速さを体感するのが楽しみです!

UQmobile、利用者満足度1位。との記事を見ましたが、これでまた満足度が上がりますね。今回のことで、顧客が増えて通信速度が落ちないことを祈るばかりです(笑)

もともと優れていた点

UQmobileがもともとmineoより優れていた点も記載しておきます。

  • 通信速度がMVNOで1番早い。昼休みでもストレスなし!
  • メールアドレスがキャリア扱い。着信拒否されにくい(ただし月額200円のオプション)

私は、auのガラケーをいまだ持っているのでアドレスの件は重要ではありませんが、そうでない方にとっては重要なのかもしれません。gmailなどを受け取らない方は友人にも結構いますから。

mineoのほうがいいところ

ずいぶんmineoに追いついてきた感のあるUQmobileですが、それでもmineoのほうが優れている点ももちろんあります。
一言でいうと、mineoのほうが初心者向け(自分でスマホの設定をしない人)という感じです。ただ、本当の初心者はauからMVNOに切り替えたりはしないと思うので...。

mineoのほうがよいと思う点について、重要だと思われる順に並べてみました。特に最初の2つにあてはある人はmineoのほうがいいかもしれません。個人的に、mineoの残念な点は、昼の12時~13時の通信速度だけでしたので。

  • 家族でパケットがわけあえる。しかもdocomo系のユーザとも。
  • 初期設定の説明資料が親切(ただしUQmobileも専用端末を買えば最初から設定されているから別に困らない)。
  • 少し安い(複数台もちなら効いてくるかも)
  • メールアドレスが無料で持てる(ただし、キャリアのアドレス扱いはされない)。
  • LaLa Callの基本使用料が無料
  • 使用量がアプリで見られるので便利




結論:UQmobileもmineoもおススメ

身も蓋もない結論ですが、auサポートのアプリを使いまくっている人以外はどちらに切り替えても後悔はしないと思います。
あとは好みですが、

  • 1台持ちならUQmobile
  • 複数台もち or 家族で使うなら mineo

という感じかな。と思います。

というわけで、シングルマザーで子供が小さい私は UQmobile !しばらく使ってみたいと思います。