読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーという選択(仮)

アラフォー、一児の母。夫の浮気と暴言に耐えきれず別居。今年、離婚が成立し、ブログ名の(仮)も不要に。3歳児と日々是戦い。

児童扶養手当の現況届で養育費を確認されました。

現況届の受付は8月末締め切りです

児童扶養手当の「現況届」提出の時期がやって来ました。少し前に児童手当の現況届を提出しているので、紛らわしいですが、児童扶養手当の対象となる可能性のある方には専用の現況届が届きます。忘れずに申請する必要があります。私は、受付初日に提出しました!

児童扶養手当は離婚時などにいったん申請をすると、子供が大きくなったり再婚したりするまではずっと有効な申請らしく、毎年、収入や世帯の状況を確認する通知が届きます。確認の結果、めでたく収入が増えるなど、給付条件から外れるとその年の給付は停止されます。そしてまた次の年に現況届が届くようです。

この現況届について、ネット上では、

  • 直接出しに行かねばならず、会社を休まねばならない
  • 嫌味を言われ、なかなか申請させてもらえない

など悪評たっぷりだったのですが、私の乏しい経験ではそんなことはなかったので、紹介したいと思います。

記載する部分はあまりありません

私は、給与所得者、かつ医療費のため確定申告をしている&扶養義務者(両親等)も同じ行政区にするんでいるため、書類に必要な金額等はほぼ事前に印字された状態で送付されてきました。こちらで書くのは同居者の情報くらいでした。

養育費を尋ねられました

通常の収入に加え、養育費を申告するようにとの紙が別途入っていました。養育費の8割が収入として、加算されるようです。なぜ10割じゃないのかがちょっと気になりますが、ありがたい配慮です。
※なんて、書きましたがよく考えたら税金とかの分でしょうかね。

f:id:singlemother:20150726231232j:plain

養育費を足すことで、収入の限度額を超えたらちょっと嫌だな...と思ったのですが、今回確認されている収入は、H26年の収入ということで、養育費もH26年分。そのとき、私はまだ養育費をもらっていなかったので、今回は0円で提出しました。来年聞かれたら、きちんと答えないといけませんね。

ちなみに、受け取った金銭等を養育費として計上しなくてよい場合について記載しましたので、よろしければ参考にどうぞ。

singlemother.hatenablog.jp

提出は役所に持参が基本

送られてきた書類には、役所に期日までに提出すること。とだけ書いてあったので、やっぱり持参しないといけないのかな?と思ったのですが、返信用封筒が同封されていました。通常、封筒が入っている場合には「郵送してもいいけど、郵便事故の補償はしないので、届けるか、記録郵便で提出するのがいいですよ。」とか書かれているのですが、何も書いていないので不安になって役所に電話してみました。

返信用封筒が入っていたので、郵送で提出していいのか。と確認したところ
「封筒が入っていたんですよね?それでしたら郵送していただいて構いません」
とのこと。封筒を入れている人と入れていない人がいるようです。

後日、確認したところ、「児童扶養手当が給付される見込みの方は役所に持参」とのことです。私は、同居親族の収入により、扶養手当自体は給付されない見込み(他の手当をいただいています)だったので、郵送可能だったようです。

対象者の方、忘れずに提出してくださいね~