読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーという選択(仮)

アラフォー、一児の母。夫の浮気と暴言に耐えきれず別居。今年、離婚が成立し、ブログ名の(仮)も不要に。3歳児と日々是戦い。

改姓の影響か?フルネームを連呼する二歳男児。

一歳児クラスが終わろうとする昨年度、息子は山田太郎くんに変身!を遂げました。

それまで息子には、自然な範囲で″あまり苗字を前面に出さず″接してきました。園でもみんなファーストネームでしたし、特に親の目線では不自然ではないと思っていました。

改姓後、一度、「太郎の苗字は山田」なんだよー。ということを話したら、それからちょくちょく自分のことを「山田太郎くん」とフルネームで呼ぶようになりました。

singlemother.hatenablog.jp

その後、お迎えでお友達にあうと、「山田太郎くんのママだ!」と女の子を中心に言われるようになったので、″ああ、苗字を認識する年頃なのね。タイミングよかった″と思ったのですが、今朝、先生に言われました。

「太郎くん、自分のことをフルネームで言うからかわいいですよね。他の子も太郎くんのことだけは、フルネームで呼ぶんですよ。」え?フルネームなのうちの子だけなの??

勝手にフルネームが二歳児のデフォルトだと思っていたのですが、それは我が子が自分のことをフルネームで呼ぶからみんながそれを聞いて、うちの子のことだけフルネームで呼んでいただけだったのです。

もしかして、改姓によって苗字に妙な拘りをもってしまったのかしら。と、ちょっと心配です。考えすぎな気もしますが。

ちなみに、女の子で「鈴木太郎くん、あ、山田太郎だった。のママだ!」と元の姓を覚えている猛者もいます。そのときには、「そうだよー。太郎は変身したんだよ!」というと、うんうん。と頷いてくれます。

離婚で壊れる子どもたち 心理臨床家からの警告 (光文社新書)

離婚で壊れる子どもたち 心理臨床家からの警告 (光文社新書)