読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シングルマザーという選択(仮)

アラフォー、一児の母。夫の浮気と暴言に耐えきれず別居。今年、離婚が成立し、ブログ名の(仮)も不要に。3歳児と日々是戦い。

我々は試されているのか?携帯電話を避ける認可保育園の思惑。

4月から通い始めた保育園。初めて、保育園から職場にお迎え要請の電話があった。

自席を離れ、打合せに出ていた私のところに同僚がメモを持ってきてくれ、無事お迎えに行けたわけだが、ふと思った。携帯に連絡くれないかなー。

そのほうが、保育園側も会社側もそして私も便利ではなかろうか(私用電話に出られない会社を除く)。実際、認証保育園に子供を預けている同僚のところには何かあると携帯に電話がかかってきていた。

しかしどうやら、認可保育園では、原則、職場の電話に連絡する。事情があり、職場にいないときのみ、携帯に連絡をくれるよう事前に依頼するのだ。

認可保育園では、仕事以外で子供を預けることは禁止されている。休みをとった日には、子供も休ませないといけないのだ(とはいっても、病院とか忌事とかは相談すれば多目にみてもらえる園もあるようです)。子供を預けてリフレッシュ、なんてことは許されないのである。

朝のお送りとお迎えときに、髪型が違う(美容院にいった)とか、ネイルが換わっているなどあるとチェックされていて怒られる。というようなことを都市伝説のように聞いていたが、まあ、7割くらいは本当なのではないかと感じています。

ちなみに認証は、預ける理由は必ずしも仕事でなくてもよいはずです。

月極めで保育料をお支払しているのだから、預けて何をしててもいい気がしなくもないのですが、認可保育園には、入園選考の基準があるからそうもいかないのかもしれませんね。

でも、逆にリフレッシュ保育(普段保育園に預けていない家庭からスポットで理由の如何を問わず預けられる)というのもあるので、そりゃ毎日リフレッシュしていたら問題ですが、月に1日くらい自由な事由を認めてくれてもいい気がします。しかも、普段預けている平日なら園の負担はかわらないのになー。むー。

しかも理由が、休みをとっているなら子供と向き合ってほしいから。というのが公式なものらしく。やらないといけないことがあって休みをとるときもあるのになー。いろいろ難しいな。と思います。

そして、本題の会社に電話する。というのは、嘘をついて休めないよう牽制されているのかなー。なんて、せこいことを考えた次第。

ただここまでかいて、会社に電話したほうが、早退して迎えに来やすいという心遣いなのかなぁ。と考えてみて平和な気持ちになってみたり。物事は捉え方で全然かわってしまうなぁ。という気付きでした。